カテゴリー: 作法

嫁の親は臨済宗で位牌を貯蔵するのですが…。

By: | Post date: 2018年1月12日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

昔から使った仏壇にはキズや汚れのへばり付き木地の傷み金具の経年劣化、彫刻の損傷金箔の擦れキズ、等によって、見た […]

法要参列の人々に心を浄め仏様の前面に仏になられた往生人をお迎えし…。

By: | Post date: 2018年1月9日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

ことさら書き込んだリビングウイルも場所を誰一人認識がなければ価値はないので、信認が厚い人に言っておきましょう。 […]

無宗教のお見送りの会は自由にできる反面一定のシナリオを準備する…。

By: | Post date: 2018年1月1日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

エンディングノート

後飾りは葬儀式を終え白木祭壇(祭壇とは、葬儀式に用いられる壇をいいます。遺影写真や供物や飾り、故人を偲び供養し […]

斎場(公営・市営・民営とあります…。

By: | Post date: 2017年12月26日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

今までは墓地というものは不気味な思考がしましたが、近頃は公園墓園みたいな明々なお墓が大手です。確実に来た人を何 […]

昨今先生は葬式や法要でお経を読む人という意識がありますが…。

By: | Post date: 2017年12月25日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

霊柩車

今日まで葬式文化を間にお寺と民衆は紙一重で接点を持ってきたが、その冠婚葬祭においても、お寺離れが始まった。仏像 […]

であるとしても弔辞を述べる人にしたら緊張するのが現実ですから式進行に入るのなら…。

By: | Post date: 2017年12月21日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

通夜はその昔は身内や親族が一晩中亡くなった人に寄り添うものだったが、今日では中夜で終わる半通夜が普通です。スケ […]

仏像や仏師を想定した様々な概要が記載されており仏像の解釈仏像の彫り方…。

By: | Post date: 2017年12月20日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

老人

小さいときにお父ちゃんを亡失したから仏事は疎くて、しかも質問する親戚もいないから、十三回忌といっても何をしたら […]

終活とはこれからの生を『どんな感じに暮らしたいか』といった思惑を進行すること…。

By: | Post date: 2017年12月19日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

「お葬式僧侶」という言葉も「葬儀・法事にしか関わらない僧侶」をからかった言い回しだけでなく「葬儀に取り組むから […]

気持ちの良い葬儀とはお別れだけに専念できる葬儀のことで流れ良く無事に葬式を締めくくることができ…。

By: | Post date: 2017年12月11日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

法要参加の方々に心を静め聖人の前面に仏になられた死者を迎えて、あらたまって心を酌み交わし、お勤めするものだと考 […]

葬式と告別式とは元来別のもので仏教のお見送りの儀式では先ず第一に僧侶による読経などがされた上で…。

By: | Post date: 2017年12月8日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

良妻の御両親は浄土宗でそのお位牌を預け入れるのですが、小生の居住地一角には真言宗の本坊がないはずです。自分の葬 […]