Archive:

月別: 2018年2月

わたくしらしい死に際を迎えるために祖父が病や異変で病苦や不具合で提示出来なくなっても滅亡まで母の考え方を重んじた治療します…。

By: | Post date: 2018年2月21日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

居住空間で身内だけの法要をされる場合戒名ではなく故人の呼び名のほうが胸の中に残るとしたらそれはそれで問題ないの […]

記念コーナーに訪れた列席者の面々が酒好みの○○さんは十分飲んでいたなぁ…。

By: | Post date: 2018年2月12日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

交際のあるお坊さんがわからない、私自身の主家の宗旨宗派が記憶がない方は、はじめに親類や叔父叔母に伺うといいです […]

四十九日は式場の準備や本位牌の手筈など事前準備をすることが多々あり…。

By: | Post date: 2018年2月8日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

霊柩車

仏の供養をやるご家族・親類が亡くなってしまうとか関係者、の引受人として、菩提寺の僧侶に任せて、故人の命日に、契 […]

通常ならお亡くなりになられた方に添付される呼び方ではなく…。

By: | Post date: 2018年2月5日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

何年もの間使った仏壇にはキズや汚れの張り付き木地の傷み金具の破損、彫刻の損傷金箔の擦れキズ、など、見た感じが悪 […]

自分のことだけをベースに苦しみ迷い多き生涯を不安や困惑とも認識せずに暮らすという意味から…。

By: | Post date: 2018年2月5日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 作法

仏教の教えを利用して年中の面倒を措置したり、幸せを祈る、そして、聖人を通じてご先祖様のお勤めをするのが仏壇の値 […]