動き声が意味することとは

By: | Post date: 2017年2月16日 | Comments: コメントはまだありません
Posted in categories: 葬儀社話

白い女の子

こぉこは、
どぉこの細道じゃあ。

天神様の細道じゃあ…

なんて楽しそうなんだろう。

クスクス笑いながら歌う毒幼い少女の声でした。

私は、
ゆっくりと、
ようやく、
目を開きました。

黒々としたおかつば頭をした、
とても色白の女の子がいました。

白い女の子

小学生になるちょっと前くらいの年ごろでしょうか。

細い目をしていて、
ほっぺたがふっくらとしているさまが、
とてもかわいらしく見えました。

白い半そでのブラウスに、
黒いプリーツのひざ上のスカート、
つややかなエナメルの黒い靴。

最は大人顔負けのデザインの服を子どもたちが平気で着ていることを思うと、
やけに素朴に感じられます。

ちょっと通してくだしやんせ々御川のないもの通しやせぬ……女の子は仏地一の前に立っていて仏壇一の反対側の部屋の隅にいる私のことは、
まったく川に入らないようです。

幼い子どもならではの、
奇妙なほどのひたむきさで、
私ではない”何かに”に“向かって彼女は歌っているのです。

おかつば頭は彼女の唇の動きに合わせて.しきりに揺れます。

その細いわりに光の強い蝶い目は、
じっと一点を見つめています。

そのとき、
私の体はむやみに重く、
指先一本動かすこともできませんでした。

頭のほうはなお咽く、
やもすると眠りに蒲ちてしまいそうになります。

ただ冷たい汗がシャシと川を密満させ、
気持ちが想いなという感覚はありました。

この了の七つのお祝いに‐にお札を納めにまいりますう……女の子は川腕で、
ちょうど半分のアーチのような形をつくります。

小さいときに近所の仲間たちと、
この歌にあわせて遊んだつけ。

二人の子どもがつくったアーチ、
当時は関所と呼んだけど、
ようするに腕の門を、
ほかのrどもたちが列をつくり、
頭をかがめて通りぬけるだけ窪今思えば書たいしておもしろくもない「くぐり遊び」だけど。

そういえば書あの門はいったい壷なんの“門だったのだろう。

女の子の徳にぼんやりとした、
白い煙のような影が現れました。

それは言少し腰が曲がった、
背の低い老人のようでした。

老人

行きは素よいよ陵帰りは怖に怖いながらもお……白い影は、
女の子の腕の下にある門を、
なおも身を小さくしてくぐりふっ書と消え去りました。

「あっ!」私の口から思わず声がもれました。

歌はそのとき、
ぴたりと止みました。

女の子はそのおかつば頭を向けてはっきりと私のほうを見つめていました。

通りやんせ、
通りやんせ再びはじめから女の子は歌いだしました。

さきほどとは違い、
その歌は部屋全体を震わせ、
わんわんと響いています。

歌はしだいにテンポが速くなっていき、
極端に音程も狂い、
どこかヒステリックな響きを帯びていきます。

まるで女の子の腕、
この門を、
「早くくぐれ!」とでも、
しきりに急かすように。

こおこは、
どぉこの細道じゃあ。

天神様の細道じゃあ。

ちよぉっと通してくだしや人せ含御用のないもの通りやせぬ。

この子の七つのお祝いにい、
お札を納めにまいりますう。

行きは、
よいよい、
帰りは怖い、
怖いながらも……確かに女の子は「くぐれ」と迫ってきているのです。

そうです……もちろん、
私に!女の子の視線から含私は逃れることはできませんでした』そのとき、
私は必死で叫んだような気がします。

「おれはまだ、くぐらない」

葬儀 手順