大阪市の葬儀の特徴

大切な人の危篤を看護婦さんから告知されたら、家族や自分が会いたい人に、ただちに通知しましょう。

病院で死んだ場合数時間以内に葬儀社を探しだしさらに当日内に何か月分の収入と同様の額の、お買い物をしないといけません。

大阪市北区にある公営斎場で葬儀をしたいときは、北斎場をご覧になってください。

手順が分かりやすく紹介されています。

大阪市立北斎場
お葬式や法要から色々なお手続き生活に由来するケアまで丸ごと受け入れされていただいている以外ご遺族のマインドケアにも、携わっております。

葬儀セミナーや終活座談会や大阪市北区 公営葬儀式場見学会などをしているわけですから、何よりもそれらに参会することを訴えかけています

che_00022

家族だけの葬儀「家族葬」

師走になると「年賀欠礼状」の喪中のお知らせが届きます。

身内のみで葬儀を終えましたという内容がとても増えたように思います。

実際に家族葬という形で、故人のごく親しい身内を中心にお見送りをするお葬式の「家族葬」ですが、いざという時のためにどのような形式なのでしょうか。

家族葬なので家族だけに知らせればいいのかといえば、故人の親しい交友関係も含めての「家族葬」もあります。

葬儀は突然のことでもあり、そして当たり前ですがやり直しをすることができないのが葬儀でもあります。

家族葬について
新聞の訃報欄をみると「近親者で密葬を行いました。

日を改めてお別れの会をいたします。」のような文面が続いているケースがあります。

密葬と家族葬は同じようなイメージがありますが、訃報欄には家族葬でという文面ではありません。

なんでだろう?!と思ったら、家族葬と密葬はまったくの別ということがわかりました。

密葬の場合はごく近い近親者のみで、火葬までも含めた葬儀をします。

そして後日、日にちを改めて「お別れ会」や「本葬」を行うので密葬はその後もなにかしらのセレモニーをします。

家族葬と違うのは、そのところが大きく違っています。

%e8%91%ac%e5%84%80%e3%80%80%e5%a4%a7%e9%98%aa96

家族葬にした理由
ニュースでも取り上げられているのが「終活」です。

就活でもなければ婚活でもなく、終活が高齢者の間でごく当たり前のようになっているという話題が取り上げられています。

「終活」の中のひとつに、エンディングノートがあります。

これから先の人生を歩む中で、誰もが迎える死について自分がどのような治療を希望しているのかとか、どんな葬儀にしてもらいたいのかの希望を書き止めておくノートがエンディングノートです。

子供のほうから親に「どんな葬儀にしたいの?」と聞くのは、ためらいがあります。

そしてもし意識がなくなったときは?といった話をすることがないほうが多いのではないでしょうか。

今は何事もなく過ごしているものの、やはりなんといっても人には突然何が起こるか予測できません。

何事もなく過ごせている時にこそ、もし自分が病気になった時のことや、もし病気の進行状態で芳しくない状態になった時の延命装置のことなど事前にあらかじめエンディングノートを書いておくと、自分が望んでいないことをしないで欲しいという意思表示にもなります。

そして葬儀に関しての考え方も、エンディングノートに書き残しておくと「こういう葬儀を望んでいるんだ」と分かります。

地方都市では親との同居している家庭がたくさんありますが、都市部になれば親は親で暮らし子供は子供で世帯を別にして暮らしているケースがたくさんあります。

遠く離れたところに暮らしている親子がいる話も、決して珍しいケースではありません。

%e8%91%ac%e5%84%80%e3%80%80%e5%a4%a7%e9%98%aa81

子供世帯のほうも子育て中の場合には、頻繁に様子を見に行くことも難しいので親の考えそのものも、よく知らないというのが本音のところではないでしょうか。

親戚づきあいもあまりなく、誰に連絡をしていいのか知らない。

というケースも多く見受けられます。

エンディングノートに近親者のみにして欲しい。

わざわざ遠方の親戚まで来てもらう必要なし。

といった文面がエンディングノートに書かれていたら、誰に知らせればいいのかという時にとても参考になります。

エンディングノートが特になく、どうしたものか?!と考えた時に子供の意向で家族葬にすることもあります。

高齢の親が亡くなった時に、親世代の親戚もお亡くなりになっていたり高齢者施設などに入居されていることがあるからです。

親も高齢者施設に入っていたため、施設で亡くなった場合には訃報を知らせる相手も少なくなっているからです。

子供世代に兄弟姉妹がいれば、もちろん駆けつけてきますが家族葬をする場合は、形式にとらわれずに葬儀を決めることができるという点も家族葬を選ぶ理由にあがります。

誰がどこに座るといった席順に気を使う必要もないので、近い近親者だけでアルバムなどを見ながら故人をゆっくりと偲ぶことができます。

故人が好きだったお花や音楽をかけることもできます。

%e8%91%ac%e5%84%80%e3%80%80%e5%a4%a7%e9%98%aa32

ごく一般的な葬儀の時には、たとえば故人が好きだった明るい音楽を流すことは憚れてますが、

家族葬なら「この音楽が好きだったよね。」というように、

しきたりにとらわれることなく故人を送ることができるので、

エンディングノートに書いてあった葬儀に関しての考え方をそのまますることができます。

 

家族葬は参列者が家族という少ない人数になりますが、故人の遺志を尊重して遺族の間で誰までに知らせるのか。

という点を話し合いで決める必要があります。

故人と同居していて詳しい交友関係を知っていればいいのですが、どこまでの親戚を呼べばいいのかという点もかなり慎重に話し合いをする必要があります。

家族葬にする時の注意

弔問客に気を遣うことなくゆっくりと故人との別れをすることができて、

近親者で見送ることができるというのも選ばれる理由のひとつですが、

ここはちょっとした注意が必要なところでもあります。

 

家族葬で見送った後に、故人と親しく付き合いをしていた方から「どうして連絡くれなかったんですか」といったこともあるからです。

不義理になってしまうこともあるので、故人の交友関係も含めて家族葬にすることをあらかじめ伝えておくべきかどうか、といった点も含めてキチンと話し合いをする必要があります。

エンディングノートに故人の葬儀についての考えが書かれていれば、後日改めて故人の知人などに連絡するときにも「故人の意思で」と伝えることができますが、葬儀はやり直しができないものという点もあるので、不義理にならないようにしなくてはなりません。

%e8%91%ac%e5%84%80%e3%80%80%e5%a4%a7%e9%98%aa12

勤務していた職場や、何歳でお亡くなりになるのかでも違ってきますが、家族葬が終わった後に故人を慕って訪問に来られるケースがあります。

葬儀の時には「告別式○時より」という知らせになりますが、「お亡くなりになったと聞いて」という形で訪問されてこられるということも念頭に入れておきたほうが良いですね。

家族葬でもお知らせしなくてはいけない人には、連絡するということがとても大事なことです。

遺族にとっては知らない方でも、故人との繋がりがあるからです。

お知らせしなくてはいけない人には、必ず連絡をしたうえで、家族葬にする旨を事前にお伝えしておく必要があります。

特に知らせなくてはいけない人の場合は、不義理になってしまうのでくれぐれも気をつける必要があります。

故人を改めて知る

故人には友人であっても、子供のほうは故人の友人とはあまり面識がないという方が多いと思います。

子供にとってもは面識のなくても、故人にとってはとても大事なご友人です。

ご友人から子供が知らない故人のエピソードを聞くことができる、最後のチャンスになります。

家族が知らなかった故人のエピソードを聞くことで、今まで知ることのなかった一面を知ることになります。

このような機会は葬儀に来ていただいて会食の席であればこそです。

故人がどんな友人とつきあっているのか分からない時には、故人の年賀状のやりとりを見て連絡を取りましょう。

できれば数年分の年賀状を念のために確認するのが、ベストですが家族のみでの家族葬を行ったときには、挨拶状や通知状を出す必要がありますので年賀状確認は絶対必要になりますね。

故人の希望に沿った葬儀にしたいと願う遺族と、大掛かりにしたくないという遺族も多いのでそのあたりの兼ね合いが大事になりますが、ひとり意見が強くなって引きずられることがないようにすることも大事なことになります。

遺族のみんなが納得するような形を取るのが後々のことも考えると非常に大事なことになります。

遺族のひとりひとりが故人と向き合うことのできる、最後の大事な時間です。

ごくごく身内で送り出す家族葬にする時にも、誰に声を掛けるかということも含めて話し合いが肝心です。

浄土宗のお寺などにお詣りした経験のある方だったら把握していると考えますが、寺院に入堂すると、最奥部の菩薩を配置してある法座や宗教者が拝礼するための壇がございます。

「葬儀僧侶」と言う言葉も「葬儀・法事だけをしたがるお坊さん」をからかった言い方だけでなく「葬式に従事するから穢れている」という訳合いをもつ時もある。

法要参列の人々に心を洗い菩薩の御前に仏になられた死者を迎えて、あらたまって心をかわされ、お勤めするものだと考えます。

また不測の事態では以前に打ち合わせを、行っていた葬儀会社に葬式を要請することが望めますので、本当に起こり得る時もじわじわと策を打つことが出来るのです。

死没者の気持ちを受け親族だけで葬式をし終えたところ出棺の儀に参列出来なかった方々が、手を合わせに頻繁に自宅へ、訪問してくださいます。

重要な祭壇色々な僧侶いっぱいの参列者を集めたお見送りの儀式でも、冷え冷えとした空気が張り詰める葬儀もあるし、歴史ある寺院に大きなお墓を建てようが、供養をする人がほぼいないお墓もある。

故意に記述したエンディングノートも伏在を家族が認識していなければ価値がなくなるので、信用のある方に知らせておくのが良いでしょう。

大阪 家族葬の感覚として世間的には『遺族の葬式』『遺族と親しい人だけのお葬式』が大半のイメージで、大阪 家族葬の域にに関係する解釈も別々と言います。

この行事は法要式場の準備や位牌の手続きなど準備を事前にすることが多いので、(いつまでに何をするのか)きちんと考えておく必須です。

人知れずひっそりと葬儀を検討しているのに高価で派手な祭壇や飾りを提示された場合、

大阪北区にある大阪市立北斎場で葬儀をする場合は、

大阪市立北斎場で数社から見積もりが取れあなたに合う葬儀社を紹介してくれます。

 

葬儀社は公営斎場では紹介しておりません。

 

%e8%91%ac%e5%84%80%e3%80%80%e5%a4%a7%e9%98%aa3

満中陰法要の忌明けまで利用するのが一般などでお通夜または葬儀式に参列出来なかった人達が、手を合わせに訪れたケースでは、後飾り壇でお線香をあげ手を合わせていただきます。

法要参列の方々に気持ちを静め仏様の顔先に仏様になった亡き人を迎えて、更に言葉を交わして、お参りするものであります。

以前は墓石とされるものは陰鬱な思考がしたようですが、最近は公園墓園のような快活なお墓が大手です。

家族の要望を叶えてくれるのは言い換えると業者本ではない葬儀社だと断言できますしそんな葬儀屋さんは、多くの場合、これ以外の要素も。

優秀なはずです。

スケールやシリーズによって信頼が変化することではなく大阪北区にある大阪市立北斎場で葬儀をする場合は、大阪市立北斎場で数社から見積もりが取れあなたに合う葬儀社を紹介してくれます。

葬儀社は公営斎場では紹介しておりません。

の受け答えや考え方様々な対応で、裁定することがポイントになります。

納骨堂は全国各所に建てられ駅近くでお参りに便利な寺や人ごみから離れた、田舎の寺まで、ラインナップがたくさんあります。

肉親に至宝があり得ないから分割相続は関係ない、こちとら何も頂く所存はあり得ないので金分相続は関係ない、と判断違いをされる輩が大多数います。

仏式の時では北枕に安置するのが良いといわれていますがご遺体の安置の方法についてはキリスト教などの各々の宗教や宗派によって決まりごとが変化します。

一昔前まで親族の手で行うことが通俗的だった平均だった遺品処理ですが、目まぐるしかったり、遺品整理する場所が遠離だったり、近親者では行えないのが問題です。

お通夜は往年は家族が一晩通して故人にお供するものだったが、今日日では夜半に終了する半通夜が一般です。

そのうえ大阪市立北斎場への宿泊が容易じゃない場合、遠方からの参加者の宿の準備をしたり、貸衣装や色直しなど、葬儀式では様々な突然のごたごたがあります。

葬儀式は寺院の坊主による授戒(仏門に入る人に戒律を授けること)と引導(死者を彼岸に導く)を行う習わしで、一般的には家族のみが参加されていたようです。

『終活』というものは読んだ感じのままラストライフの終わりの活動であり、人生のラストを更に良いものにすべく事前に手回ししておこうと想像している考えのことです。

能動的に清書した遺言ノートも在ることを誰も知らなかったら無意味になるので、信じられる人に教えておきましょう。

近代では大阪市立北斎場と言っているようですが今まで祭祀儀礼を施行する場所および、祭祀儀礼を遂行する建物全般を指す呼び名であり、通夜・葬儀・告別式のみ行う施設で大阪市立北斎場と言っています。

「博多の奥座敷」とも呼ばれ、
二日市温泉や天拝山で有名な大阪市には、
市内に約10箇所の葬儀式場がございます。

それぞれ、費用体系やサービス内容が異なっておりますので、
お考えの葬儀内容に適う葬儀式場をお選びいただくことが大切です。

市の南北に、線路では鹿児島本線・西鉄天神大牟田線が、
道路では、九州自動車道・国道3号がほぼ並行して走っており、
南北のアクセスに優れています。

大阪市内、筑豊本線の「筑前山家」駅から
1.8km(徒歩20分・タクシーで5分)の場所に
「筑慈苑(ちくじえん)」という、
低料金で使える火葬場併設の葬儀式場がありますので、
そちらの式場をご利用になる方も多くいらっしゃいます。

葬儀後の火葬場への移動の手間がなく、費用を抑えられる点がメリットとなります。

大阪市の方がお使いになる火葬場

筑慈苑(ちくじえん) 福岡県大阪市大字山家3745-1
*市民の方の火葬料金 25,000円(市外の方は60,000円)

大阪市で一般葬をお考えの方へ

地域の方や関係者の皆様にお声がけをする一般葬をお考えの際には、まず交通の便を優先されて会館を選ばれることが多いかもしれません。

しかし、良い葬儀を行うためには人が携わるサービスの内容も重要な要素となります。

「ハード(会館の設備など)」と「ソフト(担当者の対応、親身かどうか)」の両面でお考えになることが大切です。

各葬儀社も企業努力により、サービスや料金体系に違いが見えられるようになっています。

費用を抑えながらも、決して質素ではない葬儀のお手伝いをされている葬儀社も存在します。

大阪市での家族葬をお考えの方へ

義理で来られる方には少しご遠慮をいただいて、家族や親族中心で葬儀を行うという葬儀を「家族葬」と呼びます。

全国的な言葉の広がりとともに、大阪市でもお考えになられる方が増えています。

親戚も来るので、自宅で葬儀はできないが、かといって大きな式場を借りては寂しくなるのでは・・・ そうお考えになられる方もいらっしゃるかもしれません。

お考えの人数や内容に合わせた最適な式場と、安心して葬儀をお任せできる葬儀社さんをご紹介できますので、遠慮なくご相談ください。

img_0568
大阪市
大阪市の葬儀の特徴

大阪市は全国的にも葬儀会館(セレモニーホール)数の多い自治体です。

市内には100を越える葬儀会館があり、
規模の大きな葬儀会館から、家族葬向きの小規模な会館まで様々な選択肢がございます。

市内には電車やバスによる交通網が整備されているため、ご自宅の近くの式場に限らず、サービス内容や費用、葬儀社の人柄などの様々な要因を含めて、多くの葬儀社の中から最もご要望に適う葬儀社をお選びいただけます。

大阪市の方がお使いになる火葬場

刻の森大阪市葬祭場(ときのもり) 大阪市南区桧原6-1-1
*市民の方の火葬料金 20,000円(市外の方は70,000円)

大阪市で一般葬をお考えの方へ

地域の方や関係者の皆様にお声がけをする一般葬をお考えの際には、まず交通の便を優先されて会館を選ばれることが多いかもしれません。

しかし、良い葬儀を行うためには人が携わるサービスの内容も重要な要素となります。

「ハード(会館の設備など)」と「ソフト(担当者の対応、親身かどうか)」の両面でお考えになることが大切です。

各葬儀社も企業努力により、サービスや料金体系に違いが見えられるようになっています。

費用を抑えながらも、決して質素ではない葬儀のお手伝いをされている葬儀社も存在します。

大阪市で家族葬をお考えの方へ

義理で来られる方には少しご遠慮をいただいて、家族や親族中心で葬儀を行うという葬儀を「家族葬」と呼びます。

全国的な言葉の広がりとともに、大阪市でもお考えになられる方が増えています。

親戚も来るので、自宅で葬儀はできないが、かといって大きな式場を借りては寂しくなるのでは・・・ そうお考えになられる方もいらっしゃるかもしれません。

お考えの人数や内容に合わせた最適な式場と、安心して葬儀をお任せできる葬儀社さんをご紹介できますので、遠慮なくご相談ください。

e6714e5a456055a2d564d680296db38e

市民相談サポートより

家族葬、一般葬ともに、どちらにもメリット・デメリットがあります。

ご本人や、ご家族に合った送り方は・・・? と一緒に考えてくれる葬儀社をお選びになることが、納得の葬儀のために大切なことと考えます。

市民相談サポートでは24時間対応でご相談に対応しております。

実際に大阪市内にも事務所を開設し、1社1社、実際に葬儀社を訪問して、信頼のおける良心的な葬儀社のみをご紹介しております。

大阪市での葬儀や葬儀社選びについても少しでもお役に立つことができればと思います。

大阪市の葬儀の特徴
大阪市の葬儀の特徴

天満宮で有名な県内有数の観光名所である大阪市には、
市内に約10箇所の葬儀式場がございます。

それぞれ、費用体系やサービス内容が異なっておりますので、
お考えの葬儀内容に適う葬儀式場をお選びいただくことが大切です。

地理上、大阪市との距離も近いため、遠方からお越しの方のご都合を考えて、
大阪市内の葬儀場を利用して、ご葬儀をするという方も多くいらっしゃいます。

また、大阪市民の方が市民料金で利用できる火葬場の「筑慈苑(ちくじえん)」には、
低料金で使える葬儀式場も併設されておりますので、
そちらの式場をご利用になるということも可能です。

葬儀後の火葬場への移動の手間がなく、費用を抑えられる点がメリットとなります。

大阪市立北斎場は大阪市北区にあります。

大阪市の方がお使いになる火葬場

大阪市立北斎場大阪府大阪市 北区長柄西1丁目7~13
*市民の方の火葬料金 25,000円(市外の方は60,000円)

大阪市で一般葬をお考えの方へ

地域の方や関係者の皆様にお声がけをする一般葬をお考えの際には、まず交通の便を優先されて会館を選ばれることが多いかもしれません。

しかし、良い葬儀を行うためには人が携わるサービスの内容も重要な要素となります。

「ハード(会館の設備など)」と「ソフト(担当者の対応、親身かどうか)」の両面でお考えになることが大切です。

各葬儀社も企業努力により、サービスや料金体系に違いが見えられるようになっています。

費用を抑えながらも、決して質素ではない葬儀のお手伝いをされている葬儀社も存在します。

大阪市で家族葬をお考えの方へ

義理で来られる方には少しご遠慮をいただいて、家族や親族中心で葬儀を行うという葬儀を「家族葬」と呼びます。

全国的な言葉の広がりとともに、大阪市でもお考えになられる方が増えています。

親戚も来るので、自宅で葬儀はできないが、かといって大きな式場を借りては寂しくなるのでは・・・ そうお考えになられる方もいらっしゃるかもしれません。

お考えの人数や内容に合わせた最適な式場と、安心して葬儀をお任せできる葬儀社さんをご紹介できますので、遠慮なくご相談ください。

大阪市の葬儀の特徴
大阪市の葬儀の特徴

大阪市南東部に位置するベッドタウンの大阪市には、
市内に約5箇所の葬儀式場がございます。

それぞれ、費用体系やサービス内容が異なっておりますので、
お考えの葬儀内容に適う葬儀式場をお選びいただくことが大切です。

市中央部には、鹿児島本線・西鉄天神大牟田線が並行して走っており、
北部は幹線道路も通っているため、大阪市とのアクセスは非常に良好です。

そのため、遠方からお越しの方のご都合を考えて、
大阪市内の葬儀場を利用して、ご葬儀をするという方も多くいらっしゃいます。

また、大阪市民の方が市民料金で利用できる火葬場の「筑慈苑(ちくじえん)」には、
低料金で使える葬儀式場も併設されておりますので、
そちらの式場をご利用になるということも可能です。

葬儀後の火葬場への移動の手間がなく、費用を抑えられる点がメリットとなります。

大阪市立北斎場は大阪市北区にあります。

大阪市の方がお使いになる火葬場

大阪市立北斎場大阪府大阪市 北区長柄西1丁目7~13
*市民の方の火葬料金 25,000円(市外の方は60,000円)

149129

大阪市で一般葬をお考えの方へ

地域の方や関係者の皆様にお声がけをする一般葬をお考えの際には、まず交通の便を優先されて会館を選ばれることが多いかもしれません。

しかし、良い葬儀を行うためには人が携わるサービスの内容も重要な要素となります。

「ハード(会館の設備など)」と「ソフト(担当者の対応、親身かどうか)」の両面でお考えになることが大切です。

各葬儀社も企業努力により、サービスや料金体系に違いが見えられるようになっています。

費用を抑えながらも、決して質素ではない葬儀のお手伝いをされている葬儀社も存在します。

大阪市で家族葬をお考えの方へ

義理で来られる方には少しご遠慮をいただいて、家族や親族中心で葬儀を行うという葬儀を「家族葬」と呼びます。

全国的な言葉の広がりとともに、大阪市でもお考えになられる方が増えています。

親戚も来るので、自宅で葬儀はできないが、かといって大きな式場を借りては寂しくなるのでは・・・ そうお考えになられる方もいらっしゃるかもしれません。

お考えの人数や内容に合わせた最適な式場と、安心して葬儀をお任せできる葬儀社さんをご紹介できますので、遠慮なくご相談ください。

大阪市の葬儀の特徴
大阪市の葬儀の特徴

大阪市に隣接する、県内有数のベッドタウンである大阪市には、
市内に約10箇所の葬儀式場がございます。

それぞれ、費用体系やサービス内容が異なっておりますので、
お考えの葬儀内容に適う葬儀式場をお選びいただくことが大切です。

地理上、大阪市と隣接しているため、遠方からお越しの方のご都合を考えて、
大阪市内の葬儀場を利用して、ご葬儀をするという方も多くいらっしゃいます。

また、大阪市民の方が市民料金で利用できる火葬場の「筑慈苑(ちくじえん)」には、
低料金で使える葬儀式場も併設されておりますので、
そちらの式場をご利用になるということも可能です。

葬儀後の火葬場への移動の手間がなく、費用を抑えられる点がメリットとなります。

大阪市立北斎場は大阪市北区にあります。

大阪市の方がお使いになる火葬場

大阪市立北斎場大阪府大阪市 北区長柄西1丁目7~13
*市民の方の火葬料金 25,000円(市外の方は60,000円)

大阪市で一般葬をお考えの方へ

地域の方や関係者の皆様にお声がけをする一般葬をお考えの際には、まず交通の便を優先されて会館を選ばれることが多いかもしれません。

しかし、良い葬儀を行うためには人が携わるサービスの内容も重要な要素となります。

「ハード(会館の設備など)」と「ソフト(担当者の対応、親身かどうか)」の両面でお考えになることが大切です。

各葬儀社も企業努力により、サービスや料金体系に違いが見えられるようになっています。

費用を抑えながらも、決して質素ではない葬儀のお手伝いをされている葬儀社も存在します。

大阪市で家族葬をお考えの方へ

義理で来られる方には少しご遠慮をいただいて、家族や親族中心で葬儀を行うという葬儀を「家族葬」と呼びます。

全国的な言葉の広がりとともに、大阪市でもお考えになられる方が増えています。

親戚も来るので、自宅で葬儀はできないが、かといって大きな式場を借りては寂しくなるのでは・・・ そうお考えになられる方もいらっしゃるかもしれません。

お考えの人数や内容に合わせた最適な式場と、安心して葬儀をお任せできる葬儀社さんをご紹介できますので、遠慮なくご相談ください。